旅行は認定エージェントでっ!!

今回ブログの右側に、BPCPAのバナーを貼ることになりました。ちょっと堅い話になりますが、今日は、この機関についての説明をさせていただきます。

ノーマンツアーズのあるビクトリアは、カナダの西端のブリティッシュコロンビア州(以下BC州)にあります。このBC州において旅行商品を扱うには、大変厳しい基準があり、BPCPAという機関が管轄を担当しています。
近年、インターネットの普及にもより、自宅にいながら気軽に旅行商品の申し込みができるようになりました。
BC州にある旅行会社は、ライセンス(BC.Reg.No. XXXX と4桁の番号が記載)のある旅行会社でなければ、本来旅行商品の販売をすることは違法となっています。ライセンスをもつ会社は一定額のお金をBPCPAに預けており、BPCPAは各社からのお金を管理して、例えば、お客様が旅行代金を支払った後にエアラインや旅行催行会社の倒産によりサービスの提供を受けられなかった場合の払い戻しに充てられます。
今までにも、特にニューヨークのテロ以降、Canada 3000、Jets Go、Harmony Air などカナダでも当日空港に行ってみたらもうエアラインが倒産していたというケースがありましたが、インターネットで直接エアラインからチケットを購入していた人は何の保障もなかったのに対して、認定旅行会社を通じてチケットを購入していた人は長い手続きはありますが最終的にはいくらかの払い戻しを受け取ることができました。
旅行にしても、留学にしても、料金は前払いとなり、実際にサービスを受けるまでには時間があることが多いですから予期せぬトラブルを避けるためにもBC州の会社であればこのBPCPAの認定を受けている会社かを是非チェックして下さいね。

ノーマンツアーズは、もちろんBPCPAに加盟していますし、BC Reg.No. 2755というライセンスも持っていますよ。

ここ、BC州で旅行を申し込む際は、是非認定エージェントへご相談ください!
[PR]

# by normantours | 2007-09-25 04:10 | Trackback | Comments(0)  

カナダ入国後の国内線への乗継ぎ

真夏のような暑さの日本にしばらく帰っておりましたが、いや〜今年の日本の夏は本当に暑かった(まだ現在進行形でしょうか?)ですね。ビクトリアと比較すると10度以上の差があるので、体もびっくりです。

今回の旅行でよく聞かれたことががあるので、ここでわかりやすく説明できたらと思います。

まず、バンクーバー空港(YVR)で国内線に乗り換えることに、すごく不安を抱いていらっしゃるお客様が多いことに気づきました。日本を飛び立つ前に航空会社の方にいろいろ聞いていらっしゃる方も見受けましたし、飛行機の中でもアテンダントの方に聞いてらっしゃる方にも出会いました。
ここで、順を追って、バンクーバー空港での国内線への乗り換えを説明したいと思います。

b0117700_1118260.jpg

写真は、バンクーバー空港国際線の待合いエリアです


①バンクーバーでカナダへの入国審査後、荷物を受け取る
②税関係員に入国審査で見せた紙を渡して、道なりに進む
③大きめなドアを出たところで、正面に乗り継ぎカウンターがあるので、そちらに進み、荷物を再度預ける。ここで、係員に搭乗ゲート番号を聞いておくと安心です
④右側の自動ドアから出て、左正面に見えるエスカレーターで2階へ
⑤登ったところは、国際線出発ターミナルなので、進行方向そのまま真っ直ぐに進み、国内線出発ターミナルまで歩いていく
⑥しばらく歩くとA・B・C出発ゲートに入るための手荷物検査場が右手に見えてくるので、そのから再度検査を受けて、国内線出発ゲートに・・・

バンクーバー空港は大きくて、しかも現在オリンピックに向けての工事も至るところで進んでいます。依って、これからいろいろな面で変わっていくことも想定されますが、手続き上、踏むべき手順は以上です。

b0117700_11241530.jpg

写真は、ビクトリア空港発着待合いエリア


もしも個人旅行等で乗り換えが不安な場合、旅行会社に依っては、乗り換えアシスタントを手配することもできますので、活用してみてはいかがでしょうか?
[PR]

# by normantours | 2007-09-23 11:33 | Trackback | Comments(0)  

モスストリートマーケット

今日は、毎年春から秋にかけて、ビクトリア・ダウンタウンからほど近い、モスストリートで開催される、 モスストリートマーケットを紹介します。

b0117700_2250562.jpg


このマーケットでは、日本のお野菜・果物を求めて長蛇の列が出来る、Uminami農園のほか、オーガニック農園が自慢の農作物をモスストリート沿いに並べます。

野菜・果物・クラフトなどのお買い物も楽しいですが、家族連れのリピーターがかなり多いのは、楽しい音楽あり、子供向けのフェイスペインティングやクラフトあり、そして食べ物も結構充実しているという点が挙げられます。

食事としては、ギャロッピングースのソーセージと、あめ色に炒めたたまねぎをのせたホットドッグは、目の前で調理されるので、そのにおいがたまりません!

でも最近のお気に入りはチキンカレー。こちらもあめ色になるまでじっくり炒めたたまねぎと、レーズンがごはんに混ぜてあり、カレーはベジタリアン・チキンなどから選ぶことができます。

b0117700_2252678.jpg


その他中近東系の軽いメニューもそろっており、こちらもいつも長蛇の列ができてます。

また暑い日には、レモネード、ストロベリーウォーター、そしてフルーツ100%のアイスキャンディーが、のどをうるおしてくれますよ。

b0117700_2311392.jpg


自転車、ローラーブレードなどでバスケット持参で現れる若い夫婦、ソーラーで動くおもちゃで遊ぶ子供たち、ヘンプ素材の服で歩く親子を見ていると何だか、今流行のロハスな気分になることができます。
[PR]

# by normantours | 2007-09-12 23:01 | Trackback | Comments(7)  

ブッチャートガーデンの鹿と熊

長い長い夏休みも終わり、今日から新学期のビクトリア。学校の周りは、久しぶりに迎えの車で渋滞してました。

さて、今日はブッチャートガーデンで出会うことのできる鹿と熊を紹介しましょう。

b0117700_5133015.jpg


b0117700_5134372.jpg


かわいい鹿と熊でしょ?
ワイヤーで土台を作ってその周りに苔がうまく生えるようにして、形作っているそうです。

ブッチャートガーデンにいらっしゃった時には、是非この鹿と熊を探してください。
ヒントは、両方ともサンクン・ガーデンの近くにあります。
[PR]

# by normantours | 2007-09-05 05:12 | ブッチャートガーデン | Trackback | Comments(0)  

ナンバープレート

ビクトリアのあるブリティッシュコロンビア州では、様々な車用ナンバープレートがあります。

6桁で、数字とアルファベットの組み合わせの普通のプレートが大半ですが、100ドルを払えば、日本と同じように自分の好きな番号やアルファベットを組み合わせることもできます。この場合、毎年40ドルの使用料も加算されます。


b0117700_1521054.gifこれは、ベテランと呼ばれる、従軍した人用のプレートで、ここ2、3年でかなり普及してきました。この他には、コレクタープレートと言って、アンティークの車専用のライセンスもあるんですよ。



b0117700_15285667.jpgこれら以外に最近増えてきたものとして、2010年冬期オリンピック用のスペシャルプレートがあります。このプレートは、最初に35ドルで買うのですが、これをつけている限り、2012年までは毎年保険料に25ドル加算されて、その加算分がオリンピック委員会に寄付されるというちょっとチャリティーっぽいプレートです。ただいま、このオリンピックプレートをつけている方には、車が当たるというチャンスもついてきますので、私もさっそく、このプレートにしてみました!!

ビクトリアにきたら、観光の途中、ちょっと車のナンバープレートに目を向けてみるのも一興かもしれません。
[PR]

# by normantours | 2007-09-03 15:41 | Trackback | Comments(0)