エンプレスホテルのロビー その2

今週エンプレスホテルのロビーでみなさまをお迎えしてくれるお花は・・・

b0117700_15364751.jpg


グラジオラスです。ラテン語の「剣」という言葉が語源のグラジオラスは、現在ビクトリアではよく見かける花です。英語では「GLADS」と略されることもあり、個人宅の道端で販売されているのも、しばしば見かけます。

来週はどんな花で迎えてくれるのでしょうか?
[PR]

# by normantours | 2007-08-23 15:43 | Trackback | Comments(0)  

アフタヌーンティー

今日は朝からしとしと雨が降り続いたビクトリア。夕方にはすっかり晴れ渡ったので、明日からはまたよい天気が続くことでしょう。

さて、雨の日もブッチャートガーデンを訪れる訳ですが、こんな日にこそ楽しんでいただきたいのが、アフタヌーンティーです。ということで、今日はお客様とご一緒させていただきました!

b0117700_10392762.jpg


今日案内されたのは、ブッチャートご夫妻が朝食をとっていたお部屋。イタリアンガーデンを望むとても明るい部屋なんですよ。

b0117700_10395540.jpg


まず最初のコースは、フルーツのヨーグルト和え。ちょっと酸味のきいたヨーグルトが甘いフルーツと良くあいます。

b0117700_10402088.jpg


そして、メインはこちら。アフターヌーンティーと言えば、この3段セットですよね。

一番上のお皿には、スコーン。ブラックカレントと砂糖漬けジンジャーの2種類がここの定番です。2段目は、チョコレート・パウンドケーキ等のデザート。そして、一番下のお皿には、サンドイッチ4種・小さいエビのキッシュとソーセージロールが綺麗に盛りつけられています。

ここでは、紅茶も7種類の中から選べるので、いろいろなフレーバーを楽しむことができます。

少々お時間はかかりますが、雨の午後のひとときを、優雅にアフタヌーンティーで過ごすのもいいものです。
[PR]

# by normantours | 2007-08-22 10:42 | ブッチャートガーデン | Trackback | Comments(6)  

オールドフィールド

ブッチャートガーデンから程近いところに、オールドフィールドという名前の通りがあります。

観光で訪れた方が通る機会はあまりないかもしれませんが、この通りには、新鮮な野菜・果物・花・蜂蜜等を売るお店がずらっと軒を並べている、地元の人の間では有名な通りなんです。

先日、その中のひとつのお店を訪れたので、紹介します。

b0117700_1231574.jpg


お店の外観はこんな感じです。カントリーっぽくてかわいいですよね!

b0117700_12321354.jpg


店内は、採りたて新鮮な野菜・果物・花の他に園芸用品なども売ってます。

b0117700_12322637.jpg


外にでると、三匹の子豚が出迎えてくれて、その先には・・・

b0117700_12324244.jpg


山羊や豚が、フェンスから顔を乗り出して餌を待ちかまえています。コインで餌を買うこともできますので、小さな子供達が、喜んで餌をあげています。

オールドフィールドには、この他にもたくさんオススメのお店がありますので、またご紹介します。
[PR]

# by normantours | 2007-08-20 12:37 | Trackback | Comments(4)  

タクシー事情

ビクトリアのタクシーは、いわゆるイエローキャブと呼ばれており、黄色い色をしています。

b0117700_5285872.jpg


この写真で見ていただいてもわかりますが、タクシーは、そのほとんどがTOYOTA製のプリウスです。

さすが環境に気を遣っているカナダだな、ということも言えるかもしれませんが、理由は別にもあるようです。

ビクトリアのタクシーは、運転手さんの持ち物であって、会社の持ち物ではないそうです。世界的なガソリン代金高騰の今、どれだけ少ない経費(ガソリン)で、多くの利益を出すかというのは、運転手さん個人所有の車の性能に依るそうなので、少々車本体の値段は高くでも、長い目で考えれば、ハイブリッドの車が一番効率がいいそうなんですよ。

いずれにしても、日本の製品が海外で活躍しているのを見るのはうれしいですね。
[PR]

# by normantours | 2007-08-18 05:37 | Trackback | Comments(2)  

フクシア

ブッチャートガーデンに多く咲いている花のひとつにフクシア(フューシャ)があります。

b0117700_6591665.jpg


「女王様の耳飾り」と呼ばれるのにふさわしく、きれいな色と形で咲いています。

b0117700_712116.jpg


高温多湿に弱い花なので、日本ではあまり見かけることはないと思いますが、ここビクトリアでは、直植えしてあったり、ハンギングバスケットになっていたりと様々な場所で見ることができます。

色合いは、本当に多種多様にありますので、自分の好きな色合いを探してみるのも楽しみのひとつかもしれません。
[PR]

# by normantours | 2007-08-17 07:06 | ブッチャートガーデン | Trackback | Comments(0)