コールズベイ公園

もう今年も残すところ、あと2ヶ月弱。着々と寒くなってきているビクトリアです。

今日は友人と待ち合わせをして、近くの公園へワンコ達の散歩へ行ってきました。

b0117700_1893858.jpg

落ち葉の絨毯が敷かれた道をすすんでいくと・・・

b0117700_18124266.jpg

誰もいない入江にでてきます。夏でも冬でも、ほんとに人の少ないこの公園は、ゆっくり落ち着きたい時にはぴったりの穴場です。

b0117700_18134633.jpg

久しぶりに来たら、アルビュータス(arbutus)の木が文字通り、根こそぎ倒れてました。この木は、ビクトリアのあるバンクーバー島南部と、アメリカ・ヨーロッパのごく一部にしかない木なんですよ。

b0117700_18153789.jpg

木肌の表面がめくれて,独特な赤い褐色の木肌が、この木の特徴です。めくれた部分は、かなりつるつるしているんですよ。

実は、この木は今年の夏頃倒れたらしく、根本の部分にあった公園の階段がすっかり壊されてしまって、既に場所を少し奥に移動して、階段が新しく作り直されていました。
階段は作り直しても、木は撤去せずに自然のままっていうのが、いかにもカナダらしいな〜と感じました。
[PR]

by normantours | 2007-11-02 18:18 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://normantour.exblog.jp/tb/7656514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovely at 2007-11-04 13:02 x
うん、うん、本当だ、感動っすね、アートしている。実物も見たいし、子供たちもかわいいわぁ チューしたくなる。日本ではハロウィーンが年々盛んのようだけど、そのたびにしらけるの。盛り上がり方がなんだか「イッキ~ イッキ~」の居酒屋系なんだわさ。
Commented by normantours at 2007-11-05 03:57
lovelyさん:居酒屋系ハロウィーンて・・・やはり新しいイベントが定着するには時間がかかるでしょうね。子供達はほんとにラブリーですよん。

<< サマータイム終了 ハッピー ハロウィーン! その2 >>