テリー・フォックス

先日、マイルゼロを紹介したのですが、そのすぐ近くにテリー・フォックスの銅像があります。

日本人にとっては、誰?っていう感じですよね。

ですが、ここカナダでは知らない人がいないくらい有名な方で、学校の教科書にも出てきます。

一言でいうと、義足のマラソンランナー。

ガンで片足を失い、義足でカナダ横断を試み、ガン研究資金を集めました。
b0117700_05164143.jpg















彼は、19歳の時に骨肉腫を患い、切断手術を行いました。

その後の1980年4月「マラソン・オブ・ホープ(希望のマラソン)」と名付けられた横断が始まりました。

スタート地点は、ニューファンドランド州のセントジョンズ。

毎日42キロを走り続けました。

ですが、約5か月後、肺への転移が見つかり、オンタリオ州のサンダーベイ付近でマラソンを中断して入院。

そして、1981年6月、22歳という若さで亡くなられました。

当時のフォーシーズンズホテル会長が、マラソンによるガン研究資金を募る活動を開始し、それが現在のテリー・フォックス・ランの始まりとなります。

ビクトリアでももちろん開催されていますが、日本でも開催されていますよ。

ノーマンツアーズ(Norman Tours LTD.


[PR]

by normantours | 2018-07-31 05:43 | 観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://normantour.exblog.jp/tb/28526126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Ayo eat Koto >>