天使のラッパ

b0117700_1423279.jpg


これなんの花だかわかりますか?

b0117700_14233529.jpg


大きな朝顔のようですよね。

b0117700_14235050.jpg


正解は、エンジェル・トランペットという花で、今の時期ブッチャートガーデンで見ることができます。
名前が、天使のラッパという、なんともかわいい花で、朝鮮朝顔の一種だそうです。

ブッチャートガーデンを訪れるときは、この花のように、さりげなく飾ってある花を発見るのも楽しみのひとつですよ!
[PR]

# by normantours | 2007-08-11 14:31 | ブッチャートガーデン | Trackback | Comments(2)  

とうもろこし

今が旬な野菜の一番手、とうもろこしは、ビクトリアの至るところで手に入れることができます。オススメは、農場直営の売り場。夕方にはその日採れた新鮮なとうもろこしを求めて、地元の住民が続々とやってきます。

b0117700_16311998.jpg


ということで、我が家も、今夜は、バーベキューの付け合わせに茹でたとうもろこしをいただきました。沸騰したお湯で3〜4分も茹でれば、ほくほくの甘〜いにおいが部屋中に漂います。

b0117700_16361192.jpg


カナダでは、この写真のように、両端にとうもろこし専用の取っ手をつけていただく家庭が多いようです。ちなみに、写真に写っているのは、ピーチ&クリームという種類のとうもろこしで、濃淡のある黄色のつぶつぶが目印です。

とうもろこしをお土産として持って帰るのは大変ですが、とうもろこし専用の取っ手+
とうもろこし専用皿のようなアイデア商品は、軽くて安いけど、意外に喜ばれるお土産グッズかもしれませんよね!
[PR]

# by normantours | 2007-08-10 16:38 | Trackback | Comments(0)  

花とお天気

今日はあいにく曇り空のビクトリア。雨も降りそうでしたので、朝一番でブッチャートガーデンにお客様をご案内しました。

ブッチャートガーデンでは、訪れるほとんどの方が、カメラを携えています。天気の良い日はとても気持ちよく撮影できそうなのですが、実は花を撮影するのには、今日のような曇り空が適しているとのことなので、早速何枚か撮ってみました。

b0117700_1243342.jpg


b0117700_12431983.jpg


b0117700_12433275.jpg


晴天の時に撮った写真よりも、花の色合いがきれいに、肉眼で見たままの感じで写真に収まっているような気がします。

もちろん、天気が良いに越したことはありませんが、写真撮影に関しては、曇りでも充分楽しめるブッチャートガーデンなのです。
[PR]

# by normantours | 2007-08-08 12:46 | ブッチャートガーデン | Trackback | Comments(0)  

スークポットホール

ビクトリアから足をのばして、夏の人気スポットに出かけるとすれば、まず挙げられるのがスークでしょう。ビクトリア市街から見て、西に位置するスークは森林・海・山・川が存在し、かなりウェストコースとらしい景色を楽しめる場所です。

b0117700_13342689.jpg

写真は、スークポットホールとよばれる場所で撮りました。今日のように天気の良い夏日には、若者たちで賑わっています。
車もしくは、自転車でしかいけないため、若干秘密めいた感じのある場所ではありますが、毎年夏になるとここの写真が新聞にも掲載される、とにかく夏を感じさせるスポットです。

b0117700_13355422.jpg

水がとても綺麗で澄んでおり、日光浴大好きなカナダ人には大変人気のあるスポットです。
[PR]

# by normantours | 2007-08-06 13:38 | Trackback | Comments(0)  

シンフォニースプラッシュ

毎年8月の第1日曜日(今年は8月5日)に、ビクトリアシンフォニーによるシンフォニースプラッシュというコンサートが行われます。
インナーハーバーとよばれるビクトリアの港に大きな船を浮かべて、その上でビクトリアシンフォニーが演奏するというこのイベントは、ビクトリア市民と観光客が4万人も訪れる、ビクトリアの夏最大のイベントです。

b0117700_03256.jpg

この写真は、ビクトリアシンフォニーがコンサートをする前と後に行われるバグパイプによるパレードです。後ろに見えるのが、BC州議事堂です。

b0117700_05249.jpg


このイベントを毎年楽しみに待っている熱狂的なファンも多く、夕方7時半から始まるコンサートに朝6時頃から場所取りしている人もいたり、水上ステージ前にカヤックやボートで駆けつける人もいます。

このコンサートの最後は、チャイコフスキーの「1812年」を演奏して花火があがって終わりというのが定番のパターンなんですよ。

昼の暑さから逃れて、夜の涼しい夜風に吹かれながらの素晴らしい演奏は本当に感動しますよ。

*写真は全て昨年撮ったものを使いました
[PR]

# by normantours | 2007-08-05 00:09 | Trackback | Comments(0)